Exhibition|休憩所の美学 - Eternal braketime in an oasis


鯰は3人の作家にアーティストユニットであり、制作と生活の中で感じる何でもない現実から着想した動きのあるインスタレーションや、身体を使った表現を軸として活動している。普段はそれぞれアトリエが異なる3人が同じ制作環境にいるにも関わらず、個々の作品制作に注力している。それはなぜなのか。 表良樹は自然現象に着目し、日常では捉えづらい巨大な物理運動を彫刻作品などに投影し、身体的にうったえかける表現を試みている。森山泰地は自らが自然に介入し、その中で見つけた痕跡に関わることで知覚を拡大させる瞬間を表す。 藤村祥馬は永遠と繰り返される一定の作業の面白さを立体として視覚に訴える作品を表現する。各3人の異なる作品を作っている中で、まず初めに彼らが注力したのが会場内での“休憩所”作りである。制作の合間であったり終わりには必ず休憩がある。その環境が彼らにとって適した休憩所を作ることが最初に行われたことは自明のことである。なぜなら、休憩で生まれたコミュニケーションが鯰の始まりであり、個々の制作の息抜きになっている。なので、今回の鯰の作品は休憩です。



概要
会期:2022年9月17日(土)- 2022年9月19日(月)
営業時間: 13:00-20:00
会場:ソノ アイダ #新有楽町
住所:東京都千代田区有楽町 1-12-1 新有楽町ビル1階 北側112区画
主催:株式会社アトム(A-TOM Co., LTD.)
企画:ソノ アイダ実行委員会
協力:三菱地所
機材協力:BLACK+DECKER / DEWALT / LENOX / IRWIN




鯰 Namazu
2018年に結成された表良樹、藤村祥馬、森山泰地によるチーム。普段は、個々のアーティストとして活動する3人は茨城県取手市に拠点をおき、日常的な飲み会を軸に活動してきた。制作と生活の中で感じる何でもない現実から着想し、動きのあるインスタレーションや身体を使った表現を実践している。



表 良樹 Yoshiki Omote
1992年大阪生まれ、2014年京都造形芸術大学美術工芸学科総合造形領域卒業、16年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。 地殻変動や大気などの自然現象に着目し、生活者の視点では捉えづらい巨大な運動を彫刻作品などに投影する事で、身体的に実感し得る表現を試みている。 主な個展に「等身の造景」KANAKAWANISHI gallery 2019年 主な展示に「瀬戸内国際芸術祭2019」粟島海洋記念館2019年、「Anthropocene」GINZA SIX蔦屋書店2020年など、 主な受賞に「第三回CAF賞」最優秀賞2016年、「アートアワード東京丸の内2016」木村絵理子賞2016年など。
Instagram





森山泰地 Taichi Moriyama
1988年東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了。 自然環境下でのアースワーク的な作品や、自然物を用いたインスタレーションを主に制作している。 2013年の5月、私は川石をハンマーで割って砂利を作っていた。すると石の中から黄鉄鉱の結晶が出てきた。その瞬間、時を遡り立方体を手に入れたように感じた。このような自然現象やその痕跡に遭遇した時に起こる瞬間的な知覚の拡大を引き起こす装置のような作品を作ろうとしている。取り扱う素材は石や木などの自然物の他に、海岸に落ちているプラスティックや、街中のコンクリート片なども多い。近年はこれらの素材を用いた平面、立体作品も制作している。また、海や河川などの水上に舞台を立てて、その上で自らが水神となって行うパフォーマンス「水神」や、カミキリムシを木の中で生かしその痕跡に着彩するという父親の作品をそのまま継承したシリーズ「trace」なども行っている。また、アーティストユニット「鯰」のメンバーとしても活動している。主な展覧会に「木を見て森を見る」(Kana Kawanishi gallery,東京,2021)、「木を見て森を見る」(DEN5,東京,2017)、「尊景地水」(BLOCK HOUSE,東京,2016)などがある。
Instagram





藤村祥馬
1991年東京生まれ2014 明星大学造形芸術学部造形芸術学科 卒業 2016 東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻 卒業主にジャンク品や金属など様々な素材を組み合わせ、動きを伴う立体作品を制作している。
個展 「Luck Action」 KANA KAWANISHI GALLERY 東京 2021
受賞 「第18回岡本太郎現代芸術賞」 特別賞
Instagram


Exhibition|ソノ アイダ #新有楽町をめぐる展


こっちとそっち、自分と誰か、今日と明日、 すべてのものには“ソノ アイダ”がある。

「ソノ アイダ#新有楽町」は新有楽町ビル1階の空き店舗を空間メディアとして活用する 2021年12月から2023年7月までの期間限定のアートレジデンシープロジェクトです。本企画は、アーティスト藤元明を筆頭に、主宰者 株式会社アトム、地権者 三菱地所がそれぞれに新しい価値観を持ち寄り「空き物件の活用」を超える複合的な企画として実現しました。20世紀「同じコミュニティに属する人が、同じ場所で、同じ時間をともにする」村社会だったのに対し、21世紀は「自由に場所を選び、様々なコミュニティと関わる」都市集中型社会へ変化しました。そして近年情報化が進み、「場所はもはやリアルである必要すらなく、時間や価値観までもすべてが多様」な個別社会が確立されました。時代のコミュニティ形成においてわかりやすく箱の役割を担ってきた不動産。情報化が進み、箱が必要なくなった今、「点と点のあいだを繋ぐこと」とは不動産にとってどういうことだろうか。そこにアーティストがいたら、まわりの人に、空間に、街に、どんな化学反応がうまれるのか。何かが役割を成すまでの“その間”の経済合理性がない真っ白な空間。本展示ではソノ アイダ#新有楽町に関わった全ての人にとって「ソノ アイダとは何だったのか」を問い、ソノ アイダプロジェクトの今までと、これからを覗いていきます。まだ何者でもない“ソノ アイダ”こそ、本質とすべての可能性が詰まっている。



概要
会期:2022年9月12日(月)- 9月25日(日)
営業時間: 12:00 - 19:00
会場:コートヤード HIROO 3F ガロウ
住所:〒106-0031 東京都港区西麻布4-21-2
主催:株式会社アトム(A-TOM Co., LTD.)
協賛:ソノ アイダ実行委員会、三菱地所
出展作家:藤元明、Michael Rikio Ming Hee Ho、岩村寛⼈、相澤安嗣志、やんツー、Hogalee、藤崎了⼀、花崎草、塩原有佳
展示プラン:丹原健翔


トークショー

青井茂 × 藤元明 × やんツー × 花崎草
日時:2022年9月17日(土)15:00 - 16:00
※CYH ノウリョウサイ同日開催。詳細はこちら(https://cy-hiroo.jp


OUT SCHOOL

制作を通して美術×社会を探る
アウトプット型・アート集中講座



昨今アートやそのプロセスの思考を学ぶプログラムや書籍が増えている一方、アートを学ぶとはつまり 何を習得することなのかを問うことは果たしてされてきたのだろうか。《OUT SCHOOL》ではその答えが「アウトプット」にあると考える。米国やヨーロッパの美大教育を参照しながら、座学だけでなく実践と議論を重ねる、アウトプット型の学びこそが、これから社会で必要となる能力を培うのだと我々は思う。 《OUT SCHOOL》は、アートの当事者になるための、社会人向けのスクールです。全6回のプログラムを通して、受講者はアーティスト目線でアートについて考え、向き合う方法を実践を通して学びます。アート未経験者向けの本プログラムを通して、アートを社会に実装することのできるアートの当事者になれるよう設計されています。アートシーンの第一線で活躍する現役アーティストの方々や、アート批評家や著名コレクターをゲストとして招き、アウトプットのプロセスを紐解きながら、受講者一人ひとりの感性を形にしていきます。


※講座に関する詳細、お問い合わせはPDFをご確認ください。



日時:

日時:2022年8月〜2022年10月(全6回)
土曜日 9:00~12:00(一部隔週、途中休憩あり)

講座後のランチトークや、受講者限定のイベント・内覧会などのご案内もあります。

開催場所:

ソノ アイダ#新有楽町
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル


主催:

株式会社A-TOM

昔ながらのものと新しいもの。 日本のものと海外のもの。 価値観が違うものや異質なものが共存し、化学変化を起こす多様性こそが豊かさの源です。 A-TOMは不動産ビジネス、投資ビジネスを軸に、この時代に生きる一人ひとりの想いや情熱を敏感に受け止めながら、100年後も残る豊かな文化とは何かを想像し、これからも変化を恐れることなくさまざまな分野で挑戦を続けていきます。

OFFICIAL WEBSITE

協力:

アマトリウム株式会社、ソノ アイダ


Exhibition|Flowers for urban maladies




概要
概要展示作家:花崎 草 / 塩原 有佳
会期:2022年8月5日(金)、8月6日(土)、8月7日(日)
時間:13:00-20:00
会場:ソノ アイダ #新有楽町
住所:東京都千代田区有楽町 1-12-1 新有楽町ビル1階 北側112区画
主催:株式会社アトム(A-TOM Co., LTD.)
企画:ソノ アイダ実行委員会
協力:三菱地所
機材協力:BLACK+DECKER / DEWALT / LENOX / IRWIN



ARTISTS’ STUDIO第5期レジデンスの成果展では、パフォーマンスを中心に美術活動を行う花崎草とペインターの塩原有佳のコラボレーション・シリーズ「Flowers for urban maladies (都市の病に捧げる花々)」を発表いたします。レジデンスに向けての共通テーマを中心に、二人の作家がそれぞれの美術分野での表現を交差させながらこの7月頭からの第5期レジデンス期間中に《ソノ アイダ#新有楽町》で制作された本シリーズを、同名の本展で展示いたします。本展では本シリーズの他にもそれぞれの作家が選んだ過去作も展示されており、本シリーズとのつながりや制作のプロセスを垣間見ることで、共通テーマとして掲げる「Flowers for urban maladies」を考えるきっかけになることを期待しております。

丹原健翔



「都市に処方する花束」展のオンラインビューイングを本展に先行して公開致します。



花崎 草|Kaya Hanasaki
社会的・政治的・文化的に受けた影響や現代社会的な課題を独自の視点で捉え、パフォーマンスアートを主軸に、プロジェクト、ワークショップ、インスタレーション、映像などの発表をおこなうアーティスト。2012年、東京藝術大学美術研究科先端芸術表現専攻修了。2017年にはカルチャースペース「草御殿」を台北に設立し、2019年まで企画・運営をおこなう。主な個展に「My Home, Our Treasure」(2016・台北)、グループ展に「You (We) are Beautiful!」(2020・新大久保UGO)、「藪を暴く」(2020・TOKAS本郷)、プロジェクトに「東アジア交流計画」(2016・台中)、レジデンスに「Art Action in UK」(2012・ロンドン)などがある。
OFFICIAL WEBSITE


塩原 有佳|Yuka Shiobara
1985年茨城生まれ。2008年名古屋造形芸術大学美術学科洋画コース修了。在学中にオランダフローニンゲンに短期交換留学
絵画において繰り返し使用されてきた装飾要素によって歴史ある絵画の再構成を試みています。主な個展に2021年「ART IN TIME&STYLE MIDTOWN vol.19 “INDISTINCT IMAGES”」TIME&STYLE MIDTOWN (東京)、2019年「図像の手触り」関内文庫(神奈川)、受賞歴「シェル美術賞2020」入選、「VOCA展2022」に出品。
Instagram


丹原健翔 KENSHO TAMBARA
キュレーター、作家。ハーバード大学美術史卒業後、帰国し展覧会企画やアーティストマネジメントに携わる。アートスペース新大久保UGO立ち上げ。主な展覧会に、森山大道展(19年、kudan house)、未来と芸術展(19年、森美術館、作家として)、ENCOUNTERS(20年、ANB Tokyo)、Dream Play Sequence (21年、富山県美術館内レストラン「BiBiBi&JURURi」)など。


Exhibition|コントロールX:切り取りの制御




概要
展示作家:藤崎 了一 / Hogalee  
会期:2022年6月23日(木) - 6月26日(日)
時間:13:00-20:00
会場:ソノ アイダ #新有楽町
住所:東京都千代田区有楽町 1-12-1 新有楽町ビル1階 北側112区画
主催:株式会社アトム(A-TOM Co., LTD.)
企画:ソノ アイダ実行委員会
協力:三菱地所
機材協力:BLACK+DECKER / DEWALT / LENOX / IRWIN

イベント情報
6月23日(木)
オープニングレセプション :18:00~
作品解説ツアー:18:30~
Hogalee パフォーマンス:19:00~
※当時、クラフトビール専門の小さなボトルショップ「hammam Craft Beer Bottle Shop」が様々クラフトビールをご用意してお待ちしております。

6月24日(金)
作品解説ツアー:18:30~




この度は、ソノ アイダ#新有楽町ARTISTS' STUDIO第四弾の作家の藤崎了一とHogaleeによる二人展「コントロールX:切り取りの制御」を開催します。二人の異なる性質の作家のレジデンスの成果展となる本展は、それぞれの作家が実践の中で行う「切り取り」への所作およびその制御に着目し、彼らの活動の断面図を展示する試みである。

先ず、切り取るという所作について考えたい。意味について考えると、切るという所作の最小単一がひとつのものを二つのものに分けることであり、切り取るということはその切る所作のあとに取るという選定の恣意性があることを示唆する。それは言い換えれば、取る側、取らない側と、ある断面を境界面に意味の正負を定義するということではないだろうか。そのような拡張解釈の中で、我々は切り取りの所作から改めて社会における様々な境界面たち、およびそれらが露見する断面という表現について考えることができると考える。

藤崎了一の《Meltism》シリーズは規則性がまるで見えない複雑な立体を発泡スチロールから造形した作品シリーズである。この作品シリーズは、弛んだ電熱線を発泡スチロールの塊の中で曲がりくねらせ、複数の曲線的な断面を行き交わせることで制作している。電極で熱されたニクロム線を二本のハンドルで扱い、滑らかな軌道で発泡スチロールの中を動かす制作工程はまるで踊りのような身体性をもつのである。藤崎曰く、本シリーズは最終的な形のイメージから逆算的に作るのではなく、”踊り”のプロセスを経て結果的に空間から切り出された複数の立体たちから、選定をすることで制作される。恣意性が選定に宿るなか、高熱に熱されたニクロム線を用いた”踊り”から溶かされて生まれてくる発泡スチロールの断面の数々で構成される立体作品の表面はすべて、身体動作(=action)の痕跡であるのだ。作品への痕跡、という点において藤崎の《scan》シリーズにも同様のメンタリティが読み取れる。木製パネルに粘着性の壁紙を張りそれをまた剥がすことで、壁紙素材に木片を付着させた姿を作品とする本シリーズは、商業用塩ビシートを剥がしたあとの粘着面という三次元的に捉えた表情に着目し制作されている。藤崎の剥がし方によって作品のマティエールはある程度制御され、クロッピングを通して平面作品に昇華していくなか、それは粘着面という負の空間を正の空間として捉えられる。従来の支持体に対して素材を付け加えることで生み出される平面作品のプロセスとは大きく意味が異なる本作のプロセスは「立体言語を用いた平面作品」であり、藤崎のこの実験を重ねて生み出された試みは、《Meltism》シリーズ同様、作品は身体性やコンセプトの実践の先に現れる作家の痕跡として形をもつ。そしてそういった実践や選定に現れる作家性は、暴力性の現れとして捉えることもできる。計算的であり誘発的である実践のバランスは、同時に美術のもつ暴力性の迎合であり、称賛でもあるのだ。

切り取りの制御という点において、作家のHogaleeも切り取りの制御を行っていると言えるだろう。Hogaleeは05年に描いた漫画から始まり、20年近くにわたってキャンバスや展示場の壁にイラスト風のモノクロ女性像を描き続けている作家である。今回のシリーズである《Honored one》は、同じ女性像の原画を様々な切り取り方で編集しキャンバスや壁にプリントしたものである。支持体に同じ原画を角度やサイズを変えながら手描きで転写していく実践は、まさに画像の切り取り(そしてペースト)であり、決してその女性像の全身が一つの作品に現れない作風は、選定の恣意性を感じさせる。被写体となるモノクロの女性像は自身の「理想の女性」であると語るHogaleeは、決して性癖や好みの話をしていない。タイトルである《Honored one》が仏典の「天上天下唯我独尊」の英訳から来ることから示唆されるように、彼のいう「理想」とはもっと神的であり、色鮮やかでポップな作風では一見読み取れない偶像崇拝のような信仰心が感じ取れる。というのも、Hogaleeは実に20年近く、マイナーな服装やポージングの変化は時代とともにありつつも、同じ方法論を様々な支持体を用いて実践してきたのだ。昨今の美術市場で賑わいを見せるような作品たちとスタイルが類似していると感じることは、Hogaleeの市場先見性の現れとして捉えることもできるが、むしろそれは狂気的なまでの一貫性に社会のトレンドが追いついたからだとも言える。彼の「理想の女性」へのオブセッションの先にあるモチーフの反復と同じ原画の多様な切り取り方への執念は、まさに切り取りの制御を語る上で重要なプラクティス事例であるのだ。同様に、テープで描かれたHogaleeの女性像たちは、巨大な姿として空間の平面性をも凌駕し空間にそびえ立つ(蛇足な解釈だが、05年というスーパーフラットの影響がまだ強い時期の制作で生まれた作品たちの巨大な女性像は、言うならば我々リトルボーイたちに対して聳えるビッグガールであるといえる)。マスキングテープを手で千切りながら作っていったモノクロの女性像は、会期が終了するとともに剥がされ、テープの塊になってしまう。その一過性で移動していく姿に、キャンバス生地は当てられ、クロッピングするように姿をキャンバス作品たちに影絵のように残していく。偶像的であり、同時に一部分的でしかない被写体の女性像の複写のプロセスの背景にあるHogaleeの執念的な実践もまた、作家の恣意性をもって作品という形に編集されているのである。

Ctrl+X(切り取り)コマンドの日常性、そしてその活用というものは、誰しもが馴染みがあると思われる。様々な情報、ひいては空間や物質性さえもテクノロジーの発展とともに切り取られ編集されていく時代において、その暴力性を制御する(≒自制する)役割は個々の恣意性を基点に所在範囲を拡大していくことは容易に想像される。本展では、その基点となる二人の作家の実践痕跡が社会にとってもたらすべき意義を、切り取りの先にある解釈の所作の中にあるとし、鑑賞者とともに考えるきっかけになるのだろうと考える。

丹原健翔





藤崎 了一
1975年大阪府生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。 素材に対峙する自身の身体素材のもたらす「現象」という要素を掛け合わせることで、既知の素材を一気に飛躍させた表現へと昇華させる作品を発表。立体・写真・映像など、幅広いメディウムを用いる。 2020年にEmerging Photographer of the Year Awardファイナリスト受賞(英国)、sanwacompany Art Award / Art in The Houseファイナリスト受賞など




Hogalee / ホガリー
現代を映す鏡として女性『girl / オンナノコ』をモチーフにコミック描写の線画にて記号化したものを描き続けている。 美人画などで美を表すものとして描かれる女性像をテーマに、現代アートやカルチャーの文脈をレイヤーにしたキャンバス作品や、 キャンバスという枠を超えた支持体として空間描画(壁画)をアクリルペイントやマスキングテープ自体での描画などで制作している。
OFFICIAL WEBSITE



丹原健翔 KENSHO TAMBARA
キュレーター、作家。ハーバード大学美術史卒業後、帰国し展覧会企画やアーティストマネジメントに携わる。アートスペース新大久保UGO立ち上げ。主な展覧会に、森山大道展(19年、kudan house)、未来と芸術展(19年、森美術館、作家として)、ENCOUNTERS(20年、ANB Tokyo)、Dream Play Sequence (21年、富山県美術館内レストラン「BiBiBi&JURURi」)など。


©️2015 ソノ アイダ