Exhibition|Proximate Horizons 近しい遠景


いつしか、ソーシャルという謳い文句(-メディア、-ディスタンス)は我々とモノの距離を考えさせるものに変容していた。現物鑑賞が重んじられてきた美術界においても、画面越しに美術作品の有り様をイメージする想像力が一種のリテラシーとして求められるようになり、昨今のソーシャル(=社会的)な距離の単一化は皮肉にもそれぞれの単位の限界を示すものになっている。
作家の藤元明と森靖は制作の中で意識する大きさを”単位”と呼ぶ。彼らのいう単位とは、単なる規模の尺を指すのではなく、スケールとディテールの関係性、ひいては、鑑賞者と作品の間に生じるシームレスな距離感をも包括するものとして、作品を取り巻く空気までを定義する。鑑賞体験そのものに依存する単位の表現は、結果として全体と一部の入子構造を鑑賞にもたらす。
本展は、2ヶ月近くにわたって同じ場で作品制作を行ってきた二人の異なる作家の、それぞれのスケールとディテールが両方向に漸近する極限(=遠景)を一つの成果としてみなし、その地平面を二人展という形で浮かび上がらせようとする試みである。本展を通し、「ソノ アイダ#新有楽町」が現代社会において取り組む、単一化のできない美術実践の幅を感じてもらえることが、本スペースのこけら落としとしての願いである。

丹原健翔



概要
会期:2022年1月27日(金)- 2022年1月30日(日)
営業時間: 13:00-20:00
会場:ソノ アイダ #新有楽町
住所:東京都千代田区有楽町 1-12-1 新有楽町ビル1階 北側112区画
キュレーション:丹原健翔(アマトリウム株式会社)
主催:株式会社アトム(A-TOM Co., LTD.)
企画:ソノ アイダ実行委員会
協力:三菱地所
機材協力:BLACK+DECKER / DEWALT / LENOX / IRWIN



藤元 明 AKIRA FUJIMOTO
1975年東京生まれ。東京藝術大学美術学部大学院デザイン専攻修了。FABRICA(イタリア)に在籍後、東京藝術大学先端芸術表現科助手を経てアーティストとして国内外で活動。社会現象や環境問題をモチーフとして、様々なメディアで作品展示やアートプロジェクトを展開。主な活動に「NEW RECYCLE®」「2021」、原爆や戦争など社会的喪失の記憶をテーマにした国際プロジェクト「FUTURE MEMORY」など。主な展覧会に「ソノ アイダ#COVID-19」「TOKYO 2021」「陸の海ごみ」「海ごみのあと」。2015年より都市の余白を活用する「ソノ アイダ」を主宰。
藤元明 Vimeo
Instagram





Photo by Daisuke Omori
森 靖 OSAMU MORI
1983年愛知県岡崎市生まれ。東京藝術大学大学院彫刻専攻を修了。 2010年山本現代で初個展「Can’t Help Falling in Love」を開催。 横浜トリエンナーレ「OUR MAGIC HOUR ー世界は どこまで知ることができるか?ー」に出展。 その後、一つの巨大な彫刻作品の制作に取り掛かり、10年ぶりとなる個展「Ba de ya」で発表。 素材のもつ力を最大限に活かしながら彫刻造形の限界に挑み続ける。
Instagram





丹原健翔 KENSHO TAMBARA
キュレーター、作家。ハーバード大学美術史卒業後、帰国し展覧会企画やアーティストマネジメントに携わる。アートスペース新大久保UGO立ち上げ。主な展覧会に、森山大道展(19年、kudan house)、未来と芸術展(19年、森美術館、作家として)、ENCOUNTERS(20年、ANB Tokyo)、Dream Play Sequence (21年、富山県美術館内レストラン「BiBiBi&JURURi」)など。


Exhibition|Tempered Temporality 一瞬のカタチ



概要
展示作家:相澤 安嗣志 / 岩村 寛人 / マイケル・ホー
キュレーション:宮澤 佳奈 / 吉井 えりか / エリカ・ドレスクラー
会期:3月4日 (金) - 3月6日 (日)
時間:13:00-20:00 ※3月4日17:00-20:00
会場:ソノ アイダ #新有楽町
住所:東京都千代田区有楽町 1-12-1 新有楽町ビル1階 北側112区画
主催:株式会社アトム(A-TOM Co., LTD.)
企画:ソノ アイダ実行委員会
協力:三菱地所
機材協力:BLACK+DECKER / DEWALT / LENOX / IRWIN



一時的であることは、アーティスト・イン・レジデンスにとって不可欠な要素だ。作家はある一定の期間、日常と異なる状況に身を置くことで、作品や自身に変化(或いは不変)を見出す。ビジネス街の中心に期間限定で作品制作の現場を移設する「ソノ アイダ #新有楽町」は、凝り固まった社会空間に亀裂を入れると同時に、作家それぞれの、そしてスペースそのものの一時的な時間が重層的に存在する場でもある。
相澤安嗣志は、塗料と混ぜた鉄粉や発泡ウレタンといった、環境的作用や化学反応によって刻一刻と変容する素材とのコミュニケーションにより、その一瞬のカタチを作品に昇華する。彼の作品は絵画や彫刻というかたちを取りながら、そのメディウムは共通して時間の経過だと言える。
岩村寛人の作品は、建築に汎用されるセメントや合板、鉄といった素材、また実際に使用された古材や古型によって構成される。建築に不可欠でありながら、完成した「建築物」においては全体の一部となり、役割を終えて、姿を消す素材やツールたち。社会空間のインビジブルな部分を作品として可視化することで、岩村は人間がモノに与える時間の恣意的、かつ暫定的な性質を炙り出す。
これまで絵画を活動の軸としてきたマイケル・ホーは、本展ではテキストを中心としたパフォーマンス作品を発表する。中にいる作家の実態を曖昧にする半透明のビニールテントの内側から即興で直接書かれるテキストは、鑑賞するタイミングによって形様を変え、暫定的な時間の集積そのものが作品として捉えられることを示唆する。
アプローチも目的も異なる3人の作家の時間たちは、重なり合い、すれ違い、化学反応を起こす。「その間」の一瞬にのみ起こり得る現象を、ぜひ目撃して欲しい。

宮澤 佳奈 / 吉井 えりか / エリカ・ドレスクラー




相澤 安嗣志|ATSUSHI AIZAWA
1991年神奈川県生まれ。2011年多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻入学、2015年多摩美術大学美術学部情報デザイン学科メディア芸術コース卒業。幼少期を里山で過ごした経験から、自然と人間が交わる境界領域などに価値を見出し、自然物、工業製品、素材の変容や現象を用いて平面作品や彫刻などを構成し多様な実践をしている。 主な展覧会に2020年「MATER」GALLERY ROOM・A、2019年「The Discoveries from A Certain Fable」 コートヤード広尾、2017年「No Man's Land」 KANA KAWANISHI GALLERYなど。 2021年よりWATARI TRIPLE C PROJECTに参加。
OFFICIAL WEBSITE





岩村 寛人|KANTO IWAMURA
1985年東京生まれ。 ロンドンのAASchool of Architecture(AAスクール)で建築を学ぶ。 その後、建築製図の延長として発案した「A_Maze」という画法を元に画家としての活動を始める。 近年は抽象建築/原始的モニュメンタリズムを題材としたコンクリート彫刻の制作や、建築家として空間・立体・平面の媒体を縦横にクロスオーバーする作家活動を展開している。
Instagram





マイケル・ホー|MICHAEL HO
1996年、アメリカ・ハワイ島で生まれ、同島で育つ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)芸術学部で美術を学び、2018年に最優等賞を取得して卒業。美術学士。大学在学中は、バーバラ・クルーガー、ラリ・ピットマン、アンドレア・フレーザー、キャサリン・オーピー、エイドリアン・ウォン、エイドリアン・サックス、メアリー・ケリー、シルケ・オットー・ナップといった芸術家や教授に師事し、共同制作もした。2018年、大学卒業後まもなく拠点を東京に移し、東京と香港で作品の発表を開始。視覚意味論と疑似教訓主義に焦点を当てた絵画や彫刻にアメリカのポップカルチャーを取り入れ、見る者との間に活発な対話が生じるような、より複雑な絵画の可能性を追求している。
OFFICIAL WEBSITE


Meta Fair #01


NFTアートフェア「Meta Fair #01」が3月に有楽町で開催。 「Meta Fair #01」は、現代アートの第一線で活躍する20組の現役アーティストたちがNFTの専門たちと手を組み、ファインアートとしてNFTと向き合う、“日本初”のNFTアートフェアである。「NFTアート」の市場がファインアートのシーンと乖離してしまっている現在、 NFTという技術媒体が現代アートにとってどのような意義をもつのかが問われている。 世の中の”メタ”な世界への期待の中に芸術の価値は所在するのか。 フィジカルとバーチャルの共存する近い未来、現代アートはどう立ち振る舞うべきか。 本アートフェアは、そのような問いに作家として向き合う試みであり、 社会へその問いを投げかける狙いでもある。

丹原健翔



概要
WEB:Meta Fair #01
展示作家:会⽥寅次郎/相澤安嗣志/岩村寛⼈/ M4K3/岡⽥裕⼦/鎌⽥美希⼦/ KUSAMURA MAD RAT/⼭泰介/佐藤浩⼀ + 梅沢英樹/丹原健翔/築⼭礁太/東城信之介/⼾⽥沙也加/花咲草/
藤崎了⼀/藤元明 + 徳永雄太/MICHAEL RIKIO MING HEE HO/松⽥将英/三野新/⼭本華
キュレーション:丹原 健翔
会期:3⽉11⽇(金)〜13⽇(日) ※3⽉10⽇15:00〜20:00はプレス/VIP向け内覧会
時間:13:00〜20:00 
会場:ソノ アイダ #新有楽町
住所:東京都千代田区有楽町 1-12-1 新有楽町ビル1階 北側112区画
主催:株式会社アトム(A-TOM Co., LTD.)
企画運営:アマトリウム株式会社、NPORT, Inc.
協賛:OpenSea Inc.,  Spatial, Inc. 株式会社グリッド、エイベックス・ビジネス・ディベロップメント株式会社、森ビル株式会社、三菱地所株式会社、スタートバーン株式会社、アクセンチュア芸術部
協⼒ :ソノ アイダ、有限会社永⼭祐⼦建築設計、⼀般社団法⼈ Open Art Consortium




Exhibition|Y.N.W.P.  - How to turn capital into garbage -


”都市コンテンツはこれまでマーケティング型大衆消費とグローバリゼーションによる均質化が繰り返され、経済合理性という重力から抜け出すことができなかった。本企画は、アーティスト、主宰者、地権者がそれぞれに新しい価値観を持ち寄り「空き物件の活用」を超える複合的な企画が実現した。”

とプロジェクト発起人である藤元氏がステートメントで述べている。アーティストは「新しい価値観」をここでは持ち寄り、提示する必要があるようだ。だが、「資本主義の終わりより、世界の終わりを想像するほうが容易い」というよく知られた言葉があるように、経済合理性の重力から抜け出すのは至難の業である。そこで、ソノアイダ第3期 やんツー×水戸部七絵『Y.N.W.P (Yang02 × Nanae Work in Progress / Public)』では「How to turn capital into garbage(いかに資本をゴミに変えるか)」というテーマを掲げ公開制作を試みる。有益なもの(資本)から無用の長物(ゴミ)を生み出すという心構えは「現代美術はゴミ/詐欺」とアートワールドの外からよく聞こえてくる揶揄を、字義通りそのまま受け止め肯定するような態度にもみえる。しかしそれは、資本主義の引力から開放されうる、新しい価値観や考え方として機能するかもしれない。合理主義を唯一の価値と錯覚し、思考停止した脳を解きほぐすための呪文として。あるいは、利潤を求めて市場を徘徊する、形式主義的絵画ゾンビのための特効薬として。

震災の時もコロナ禍でも、アーティストには何ができるのかと災禍の度に自問するわけだが、2020年3月、ドイツの文化大臣モニカ・グリュッタースは「アーティストは今、生命維持に必要不可欠な存在」と断言した。それは「Your Necessity While Pandemic」と、遠く離れた国に住む私たちや、芸術の存在そのものに対する励ましのメッセージのように聞こえた。そして現在、東欧の国が戦争という新たな災禍に見舞われているが、ロシアのテニスプレイヤーがカメラのレンズに書いたメッセージに、私たちも「Yes, No War Please」と強く同意する。作品をつくる営みが資本を生み出し誰かの所有欲を満たすという目的を越え、危機的な状況でこそ必要とされる、普遍的な営みであることを信じ、それを示したい。


概要
展示作家:やんツー / 水戸部 七絵  
会期:2022年3月16日(水) - 4月24日(日)
 ※作家不在日 3月19 - 22日、24-27日.29日 4月5日、12日、19日
時間:13:00-20:00
会場:ソノ アイダ #新有楽町
住所:東京都千代田区有楽町 1-12-1 新有楽町ビル1階 北側112区画
主催:株式会社アトム(A-TOM Co., LTD.)
企画:ソノ アイダ実行委員会
協力:三菱地所
機材協力:BLACK+DECKER / DEWALT / LENOX / IRWIN

イベント情報
クロージングイベント:2022年4月23日(土)17:00 - レセプション:18:30 -


やんツー
1984年、神奈川県生まれ。美術家。先端テクノロジーが持ちうる公共性を考察し、それらがどのような政治性を持ち、社会にどう作用するのか、又は人間そのものとどのような関係にあるかを「介入」する行為をもって作品を構築し、批評する。国内外の美術館やギャラリーで作品を発表する他、和田ながら演出による演劇作品の舞台美術や、contact Gonzoとのパフォーマンス作品など、コラボレーションも多く手掛けている。
OFFICIAL WEBSITE




水戸部七絵 Nanae Mitobe
神奈川県生まれ。画家。
2011年名古屋造形大学にて、画家 長谷川繁に師事し、2021年から東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画 在籍、画家 小林正人に師事する。主に絵画原理を研究し、新表現主義や過剰主義の文脈から、一貫して油絵具を使用しながら、絵画を制作している。
以前から描く対象として象徴的な人物の存在を描いたが、2014年のアメリカでの滞在制作をきっかけに匿名の顔を描いた「DEPTH」シリーズを発表。2016年に愛知県美術館での個展「APMoA, ARCH vol.18 DEPTH ‒ Dynamite Pigment -」を開催し、2020年に愛知県美術館に「I am a yellow」が収蔵される。同年「VOCA展2021」奨励賞を受賞(東京都現代美術館学芸員:鎮西芳美 推薦)。代表作にマイケル・ジャクソンやデヴィッド・ボウイなどの著名人やポップ・アイコンをモチーフにした「スター・シリーズ」、コロナ禍での時事的な状況を絵日記として描き続けているシリーズ「Picture Diary」等がある。
OFFICIAL WEBSITE







Exhibition|Can we turn capital into garbage?


22年3月中旬から続く、作家のやんツーと水戸部七絵によるARTIST’ STUDIO第三期レジデンスでは、一貫して現代の社会情勢の中で露わになったアーティストという立場の役割や意義との向き合い方がテーマになっていたと言える。世界的な災いが重なり合うように社会に大きな影響を与えた歴史的にも稀有な時期に、「How to turn capital into garbage(いかに資本をゴミに変えるか)」というテーマを掲げた本レジデンスは、美術の資本性を逆説的に問うことで、現代美術の社会的意義に向き合うことが一つの狙いであった。結果として、コンセプト・メイキングの段階から現代美術を語る上で避けられない資本としての性質に歯向かった本テーマは、同時に、昨今の情勢の中での表現活動の市場価値と社会価値の乖離や、作家業を生業にするアティチュードをも内包するものであったことは留意しておきたい。

一方で、様々なコンセプトがレジデンス中に(油絵の具のように)重ねられていく空間の多層性は、それらさえも一つの資本主義の在り方であるという理解のレイヤーを露見させる装置にもなるのであった。デュシャンが100年以上前にどんなものも(ひいてはゴミさえも)美術になりうることを示し、フルクサスやポップアートを始めとする60年代からの米国の前衛芸術によりアートの公共性も度々美術史の物語に吸収され、いつしか「美術」がゴミにとどまらずあらゆるモノに資本性を付与させる力をもつようになったことも今の我々にとっては至極当然な命題でもある。現に、公開制作というパブリックに向けた本レジデンスの所作そのものが一つのパフォーマティブな「作品」として成立し、それさえも「社会彫刻」を提言したかのヨセフ・ボイスのデビュー作「How to Explain Pictures to a Dead Hare」(1965)を踏襲しているとも言える。

この美術のバッドトリップのような話は、やんツーと水戸部七絵が本レジデンスでこのテーマを扱う覚悟の重さをも意味している。本レジデンスの成果展に位置する本展「Can we turn capital into garbage?(資本をゴミに変えることはできるのか?)」は、二人の異なる媒体やコンセプトを扱う作家が同時にこの普遍性をもつテーマと向き合った末の一つのアンサーとして、観客に問いの矛先を向ける。未来永劫転売や金銭の伴う交換を一切禁止した新作たちしか販売をしない本展は、作品と資本を交換しながら生きる現代作家として、出口のない資本性の輪廻からの解脱を試みた行為として昇華されるのではないだろうか。

そして、その行為さえも美術ではないか、と考えてしまった時点で、観客は安全地帯からその輪廻を共有する立場になってしまっていることが、本展の最大の意義なのではないだろうかと考える。

丹原健翔



概要
展示作家:やんツー / 水戸部 七絵  
会期:2022年4月23日(土) - 5月1日(日)
時間:13:00-20:00
会場:ソノ アイダ #新有楽町
住所:東京都千代田区有楽町 1-12-1 新有楽町ビル1階 北側112区画
主催:株式会社アトム(A-TOM Co., LTD.)
企画:ソノ アイダ実行委員会
協力:三菱地所
機材協力:BLACK+DECKER / DEWALT / LENOX / IRWIN
撮影:竹久直樹

イベント情報
トークショー「 畠中実に聞く、資本主義と例外芸術」
2022年4月23日(土)18:00 -
出演者:畠中実(ICC 主任学芸員)、やんツー(美術家)、水戸部 七絵 (画家)
参加費無料、予約不要、定員20名



やんツー
1984年、神奈川県生まれ。美術家。先端テクノロジーが持ちうる公共性を考察し、それらがどのような政治性を持ち、社会にどう作用するのか、又は人間そのものとどのような関係にあるかを「介入」する行為をもって作品を構築し、批評する。国内外の美術館やギャラリーで作品を発表する他、和田ながら演出による演劇作品の舞台美術や、contact Gonzoとのパフォーマンス作品など、コラボレーションも多く手掛けている。
OFFICIAL WEBSITE




水戸部七絵 Nanae Mitobe
神奈川県生まれ。画家。
2011年名古屋造形大学にて、画家 長谷川繁に師事し、2021年から東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画 在籍、画家 小林正人に師事する。主に絵画原理を研究し、新表現主義や過剰主義の文脈から、一貫して油絵具を使用しながら、絵画を制作している。
以前から描く対象として象徴的な人物の存在を描いたが、2014年のアメリカでの滞在制作をきっかけに匿名の顔を描いた「DEPTH」シリーズを発表。2016年に愛知県美術館での個展「APMoA, ARCH vol.18 DEPTH ‒ Dynamite Pigment -」を開催し、2020年に愛知県美術館に「I am a yellow」が収蔵される。同年「VOCA展2021」奨励賞を受賞(東京都現代美術館学芸員:鎮西芳美 推薦)。代表作にマイケル・ジャクソンやデヴィッド・ボウイなどの著名人やポップ・アイコンをモチーフにした「スター・シリーズ」、コロナ禍での時事的な状況を絵日記として描き続けているシリーズ「Picture Diary」等がある。
OFFICIAL WEBSITE




©️2015 ソノ アイダ